スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また逢えますように

2006/12/19 23:35
20061219233444.jpg 20061219233504.jpg
毎年色んな事があるけど、今年は本当に色んな事から始まり
走馬灯のように、今日まで過ぎていきましたが、前回の日記から間もない頃に体に異変が起き緊急入院することになりました。。

最後まで希望を捨てることなく無事な姿で夫と二人で我が子を抱いてあげたかったのですが、流産という残念な結果に終わってしまいました。

本当に最後まで未熟な母親で申し訳ないと、処置してる間よりも我が子を目の前で見たときに涙が止まらなくて、何度も謝るばかりでした。


そして、今日までのことを振り返る度に本当にお産の大変さを痛感し、ひとりの命の重さがずっしりと心に突き刺さります。。


出産はひとそれぞれ違う
何がおこるかわからない
途中でやめられない
誰にも代わってもらえない


こうやって書いてしまうと、
ごく当たり前なことなのですが、、
その当たり前なことを思うことが普段の中で
本当に大切なのに、どこか無責任に考えてしまって
過ごしてたようにも思います。。

今回のことで夫も私も一気に気が抜けてしまいましたが、
何度考えても今の現状は変えられないので、我が子と過ごした日々は一生忘れることは無いですが、少しずつ落ちてる気持ちを前向きに取り戻せるよう周りに支えられながら過ごしております。
(病院生活のほうは、昨日すべての処置を終えて病院を退院しました)

仕事関係などは今年いっぱいはしばらく無理なくゆっくり過ごし、年明けからまた新たな気持ちに切り替えて、仕事や生活など充実できるよう頑張ろうと思ってますので、関係者やお世話になってる方々をはじめとする方々へ、こんな私ですが来年もまたよろしくお願いします。


「そのときの出逢いが
人生の根底から変えることがある
よき出逢いを (By 相田みつを)」



世界で一人しかいない我が子に逢えたときは
悲しさの反面、幸せな気持ちでした。
逢ってなかったら一生後悔してたと思います。

一生忘れません。

人生本当に楽あり苦もあり


ですね。




Sakurako


写真(左から)
一枚目:退院直後に天気のいい日の夕暮れをベランダから
この空を見て色々考えました。
二枚目:夫が作ってくれた焼き立てのパン。
心も体も温まり癒されました。

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




かなえさん
コメントのお返事遅れてしまい申し訳ありません。
有難いコメントに元気でました^^
年が明けて2007年になってしまいましたが、
今年もまたよろしくお願いします。

すぅさん
おひさです!コメントありがとう!嬉しかったです。
そしてブログも見に来てくれて嬉しいです★
またお互いに合う時間できたらお茶しましょ!
お体には気をつけてください。
ではでは♪



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。