スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪→雨(*_*)

2007/02/18 11:31
さてさて本日、大量の雨が降り続く中、、
東京マラソンが始まりました☆

そんな中、先週は都内のディナーコンサートでイギリス風セレナーデプログラムの本番と長野でWeddingの仕事があり、久々の地方進出楽しかったです♪


イギリス風セレナーデのプログラムは、
エルガー 弦楽のためのセレナーデ
ブリテン シンプルシンフォニー
サリヴァン 仮面舞踏会
で、1stVnで弾いてきました

今回の演奏会は選曲も自分な中で好きなものもあってノリノリで楽しく弾けて、全体的にも一体感があって、いい意味で色々しでかした所もありましたが(¨;)
とても心に残るいい演奏会になりました。

20070218122103 07-02-16_19-30.jpg


あとコンサートを見に来て頂いたお客様に何枚か撮って頂いた写真も時間があるときに、自分のホームページにあるギャラリーコーナーに昨年高島屋でまだアップしてない写真と一緒に更新しようかと思ってます


さてさて、東京は今年暖冬なのでもう雪は降らないだろうと思ってた矢先、地方(長野)仕事にて濃いメンツでのカルテットの帰りに、かなりひさびさのトランプゲームしつつふと窓の外を見てみれば雪景色!
一仕事終わった帰りに静かに降り続く雪を見れたときは疲れが癒されました
07-02-17_14-43.jpg 07-02-17_15-26~01.jpg 07-02-17_15-26.jpg

・・・・・・・

それから最近は、楽器の治療が必要なぐらいにボロボロだったのもあり、楽器屋に足を運ぶのも久々になってしまいましたが、楽器調整していただきました。

その時に楽器屋の社長が作った最新作も弾かせていただいたり、旦那も一緒に足を運んでいたので社長のチェロを弾かせてもらったりして和気あいあいな一時もありました

それから楽器といえば、今張ってる弦が気になってきたので色々な弦をあちこちで模索中なのですが、まだなかなかこれだ!と思ったものに出会えないもんですね…。
仕事場でもテレビでViolinを演奏してる方も、まず弦に目がいく今日この頃です。

ちなみに今は、前回の日記にも載せましたが、モントリオール首席のモリー・カーナマン氏に自分の音を聞いて頂いた時にのカーナマン氏の薦めで、前回使っていた弦設定がちょっとHeavy過ぎる音ということで、少しテンションを下げて全く違う種類の弦に張り変えてみました。

ちょうど本番前日に言われて変えたので全くやったことのないセッティングで本番というのはドキドキハラハラが倍増しましたが、、実際弾き始めてみたところ、最初はなかなか自分が出したい音を作るのも難しく、ここ何週間はどこかじれったい感覚を何度も感じながら、Violinを持つ度に特に右手の弾き方や姿勢を意識しながら弾き続けてみてました。

前回のと比べると、オケや室内楽などで弾く分には安定している設定で、ソロを弾く分には、まだ前回のセッティングの方が自分の中では好きだなぁと思う部分もあるので前のに変えようか何度も迷ったのですが、今のセッティングも弾けば弾くほど今までなかった優しい柔らかい音色が出たりして、、音の可能性が広がっていくならこのままもうちょっと続けてみようかとも思えて来て迷うところ…ぶつぶつ。


まだまだ何通りもViolinのセッティングとテクニックを開拓していかなきゃな。あと色んな曲を弾いたり聞いたりしてみないとバランスや自分の求めてる音はわからないのかもしれないですね。

今週に入って少し時間が出来るので、押し入れにしまってる楽譜を取り出して色々弾いてみようかと思います。


では、すでに花粉が飛んでくしゃみが止まらなくなってきてる管理人ですが(*_*)
今年は花粉がたくさん飛び回るような予感がするので、鼻がむずむず目の痒みが始まったら花粉対策を早めに


ではでゎ|゜∀゜)ノ))
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。