スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春コンサート

2008/01/10 15:38
200801101538368日にフィリアホールにて
四人の女流violinist
(加藤知子 堀米ゆず子 戸田弥生 川田知子 各氏)による
コンサートが開かれ、久々に自分から見る
先生方世代の演奏を聞きました。

プログラムは最初と最後に四人の共演でバイオリン四重奏があり、
間に各氏によるソロ演奏。


ソロはサラサーテのカルメンやイザイの無伴奏やラベルツィガーヌ等が演奏され
四重奏は、テレマンの四つのバイオリンの協奏曲、
フンメルの四つのバイオリンのためのディヴェルティメントと
モーツァルトの魔笛、バツェウ゛ィチ:バイオリン四重奏を演奏されていました。

四人共誰ひとり同じスタイルじゃ無かったのが、逆に見てて興味をそそられる部分が多く、
また、見てた席がステージ脇だったので、奏者の後ろ姿や、腕や背中の筋肉が丸見えで、LongToneや早いパッセージの時や体の軸やバランスが勉強になり、普段自分が弾いてお客さんが見える目線がまたよかったです。

生ならではの演奏会も、色んな視点で見てみるものだなぁと感じた一日でした。

さて、今日もレッスン。
3月並の暖かさは今日で終わりみたいなので、保温対策を練らねば!

皆様も特に喉からくる風邪には
ご用心を!

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。