スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7年目のMVP

2009/11/06 12:20
matusi60912d.jpg
米大リーグのWSで日本選手として初の最優秀選手(MVP)を手にした松井秀喜選手、おめでとう
7年前は巨人の4番を自らの意思で降りて、日本でブーイングの嵐になったという。
天声人語には松井の7年の歴史が語られていた。

「何を言っても裏切り者と思われるかもしれないが、いつか『松井、行ってよかったな』と言われるよう頑張りたい」と当時の本人は言っていたというが、7年間の苦労と努力は決して簡単なものではなかったんだろうなと、試合中のどんなインタビューでも笑みを浮かべることなくずっと冷静だった松井が、昨日の優勝で見せた笑顔にすべてが語られてるかのようでした。

今、NYに残れるか?と言われている中、他の球団も松井を必要としていていますが
きっと松井は何処にいっても今の姿勢を崩さずまた謙虚に野球一筋研究を重ねて頑張っているのが想像できる気がします。

松井選手、本当におめでとうございました。

音楽も一緒だよね。
音楽を作り上げることが好きなだけなんだから、色んな柵があっても、
どんなトラブルが起きようが、有名な場所にいようがいなかろうが
何処にいても自分に妥協することなく、良いと思うことをどんどん取り込んで、
謙虚に音楽に取り組む。

そして、いずれ結果と評価は観客が決めるのだから。
喜ぶポイントは自分が積み上げ続けて評価された時だとどんな時も思います。
(まあ、世の中にはお世辞というものもあるから、そこら辺の見極めもしっかりしなくちゃいけないんだけど・・・)
だからといってその先もまた積み上げることをやめちゃいけないんだとも思いますが。

また言葉でここで語った分、音に表せるよう頑張らなくちゃね。
最近、どんな現場にいても色んな人の演奏する姿を良し悪し全部含めて観察しまくってますが(まぁ実際チラ見かな・・笑)、本当色んな弾き方・スタイルがあるなぁと感じます。
またそこから色々得て考えて、自分の演奏スタイルを見直したりして、最近少しずつ自分のスタイルが固まってきた気がします。
でも、まだまだ大曲を弾きまくった日には、体に痛みが残るので歳をとっても引き続けられるものも見つけなくちゃならない。
その中でドイツで積み重ねたアレクサンダーが生きてくるような気がしました。

とにかく、昨日今日は松井のMVPから元気をもらった日になりましたな
また頑張ろっ
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。