スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節

2005/06/16 01:13
050615_2214~01.jpg最近良く聞くKREMERATA BALTICAのCDのひとつ「EIGHT SEASONS」これを聞くと、弦の限界に挑戦してるような気がしててやる気がおきます。
GIDON KREMERは好きな人嫌いな人とずいぶん真っ二つに別れるみたいだけど、私は彼がどんな人だろうと、ヴァイオリニストとしてはかなり尊敬してます。

彼が私がドイツで住んでた町に演奏しに来て見に行ったときに感じたものが今も存在凄く大きく感じてて、
アンコールの量も実際あったプログラム以上の量をまだ来るかとばかりに次々弾いて、閉館になるギリギリまで結局やってたんだけど、日本ではありえないほどのプログラム。
本当に演奏することが好きな人じゃないとここまで出来ないと思った。見てる側からでも、心から音楽を愛してるのも感じるほどだった。

そしてそれだけではなく、演奏が終わって楽屋に行ってやっとKREMER本人に会えた時に、全身汗でずぶぬれで、その状態で握手をしてもらい、凄く大きな手からにじみ出る汗と分厚さを、生で感じて、かなりの鳥肌ものでした・・・。
未だその時の感動を忘れることはありません。

その横であっという間にバイクの運ちゃんのような革パンツTシャツに鎖のようなネックレスをジャラジャラと身にまとい、ハイテンションなロックンローラーな人がいるなぁっと思ったら衣装から早々着替えて早変わりしてたチェロのマイスキーさんだったってのもびっくりしたし(笑)。そんなマイスキーさんも凄いと言えばすごい。

サインしてもらったときも、超ハイテンションでジョークまでかましてきててめちゃウケましたよ。
また彼らの演奏を見に行きたいところだけど、日本のチケットは高い~・・・。しかも、もう学生じゃないから学割効かないし(涙)。でも機会を逃さずにチェックするぞっ!

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。