スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の・・

2010/11/18 21:56
今日はいきなり我が家の電源が落ちるどころか、
どこのお店も駅も信号も真暗なところばかりでびっくりしました

関連ニュース→ http://www.asahi.com/national/update/1118/TKY201011180336.html

いやぁ、こーゆう緊急時に対策を練っておかないと人って動けないものだなと痛感しました
今度、非常食や懐中電気買っとかなきゃ・・・

さて、先週の金曜日は夫の師匠でもある山崎伸子氏のリサイタルに行って参りました。
全10回に及ぶチェロ・ソナタシリーズで、毎年開催されてるリサイタルで、今回は4回目のリサイタル。
今のところ全部見にいけてますが、あと6回もぜひ足を運びたいものです。

今回は、フォーレ、ドビュッシー、プーランクなど、フランス音楽が中心で
ピアノ伴奏が作曲家でもある、野平一郎さんでした。

それにしても毎回山崎氏の演奏を聞いていて同じ感動を味わうこの感触は
日本人で見かけない演奏・・・??・・・感覚??・・・
言い表せるようで言い表せないようなまま時が過ぎていましたが・・
4回目にして色々と気づいたことがありました。

氏の演奏は決まりごとが全く無いように感じさせられる(氏の中にはあるかもしれませんが・・・)自由な音作り、曲を知らない人でも曲の良さを教えてくれるような、自然と引き込まれる音楽があるのです。
それは初めて読んでもらう絵本のストーリの良さを教えてくれるかのような、そんな温かい感動を貰いました。

なんでこんな単純なことに気づかなかったんだろうと帰り道少し自分の情けなさを振り返り自分の音楽をすることと向き合う自分もいました。

そして私がこれまで見てきた素晴らしい音楽家を振り返ると
共通して「語る音楽」「歌う音楽」の人ばかり

ちなみに氏の音楽は『語る・語りかける音楽』でした。

でも両方とも共通しているのが、聴いていて解り易く、スッと素直に受け入れられる
各演奏家のオリジナルを大切に繊細に作り上げ、深く深く楽器に思いを込めている
私が惹かれる音楽家はそんな人ばかりでした。

また来年もぜひ行きたいと思います。

2010100701.jpg

続いて日曜日には、某ゲーム音楽を中心としたアマオケ団体の本番が
パルテノン多摩でありまして賛助で出演してまいりました
1118 001
久々に乗りましたが相変わらずゲーム好きな方々の拘り満載で(笑)
熱い本番でした

会場には今回弾いた中の一曲「クロノトリガー」を
作曲された方が来ていたみたいで大盛り上がりでした
みなさまお疲れ様!

それから、帰り道の多摩センターはすでにクリスマスに向けての
イルミネーションが始まっていてとても綺麗でしたよ
1118 004
1118 005

そして火曜日は月島児童館にてNPOトリトン・アーツ・ネットワーク主催の
弦楽器体験ワークショップに指導者&演奏(弦楽四重奏)で行って参りました

とにかく児童館の子達が凄く元気で、楽器に興味津々。
そして真剣な表情で話も聞いてくれて時間ギリギリまで楽器から離れなかった子もいました(笑)。

また最後にメンバーで打ち合わせした「子供達と合奏で共演する」企画がありましたが
こちらも大盛況だったそうで、演奏側、指導側としてはとてもやりがいを感じた一日になりました。

メンバー&TANスタッフの方々今回もお世話になりました。お疲れ様です!


さて、色々本番が終わったところで今週末まではレッスン(教える側)に追われ
今週末にはお世話になっている「ちょうふ音楽教室」の発表会が二日に渡って開催されます。

今回は合奏曲の作曲も手がけましたので、これからどうなるか楽しみです
それから、大人の生徒さんとDuoで弾いたり、講師演奏も昨年と同様、
ヴァイオリン講師全員でヴィヴァルディの演奏をすることになりました
(昨年の記事→http://lionheart7.blog12.fc2.com/blog-entry-371.html

さっ、というわけで・・・・譜読み~~
練習、練習~


では、引き続きご自愛下さいませ ┏○)) ペコッ

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。