FC2ブログ

嬉しさと葛藤と

2019/07/04 16:01
さて、7月になりました
最近は息抜きに韓国ドラマや音楽も聴くようになりまして
洋楽や洋画でよくある話だとおもいますが
吹き替えだと見ていて違和感があるのと同じで
韓国も吹き替えで見ると違和感があって字幕で見るようにしていたのですが(最近は字幕が多いね)
だんだん聴いていくうちに少しハングル文字に興味がでてきまして・・・
あの記号のような文字・・・前々から気にはなっていたんですが
海外の(とくに暗号っぽい)言葉ってどの言葉も小さい頃から気になるととことん追求したくなるタイプなんですよね
ロシア語とかもそう。通訳よりも自分で解読したくなる衝動にかられます

そんなわけで趣味程度ですが、実は四月からNHKのハングル講座を見ながらちまちまと学んでいたりします。
で、やっとハングルの基本的な形がわかってきてちょっと読めるのが面白くなってきて
でもまだ、文字からなんの言葉かは結びつかないのですが・・・日常会話はなんとなく言ってることがニュアンスでわかってきた感じです

もちろんドイツ語は忘れないように、ドイツ語はじめNHKの語学講座はほとんど録画リストに入れて語学に触れながら生活する今日この頃です
その国の映像なんかも流れるので、老後は色々世界を回ってみたいなと・・・
今はTVをじーっとみながら想像を膨らませていたりするんですが
まぁどうでもいい息抜きですのお話です(笑)

で、本業はというと
先月、発表会がひと段落しまして、今年はバイオリンサポートで20名以上は
サポートしたんじゃないかとおもうほどの量で、、
最後の最後にドヴォルザークのピアノカルテットが待ち構えていて、
終わる頃には全身灰色になっていたんじゃないかなというような感覚です。。。
でもたくさん演奏させていただけるのは有難いことです。

普段は私はレッスンの仕事が多いので、演奏(本番)量が減ると腕も落ちてきてしまって、、
練習だけだとだめですね。人前で弾くという緊張感で弾くというのが大事で
本番の量に勝るものはないと常日頃感じていて、レッスンでも生徒と一緒に弾きながら教えて
結婚式の演奏仕事でも弾けるので、どんな形でもなるべく人前で弾くことを減らさないように維持しなくてはと意識する今日この頃です。

そんなわけで、発表会は生徒の皆さん含め、久しぶりにプロバンドも入っていたので楽しい初夏の発表会でした。

7月に入ってからは月末に控えてるTrioの練習が本格化してきまして、日々奮闘中です。
今回プログラムに入っているメンデルスゾーンTrioは、1番も2番も学生のころに演奏しましたが
久しぶりに楽譜を見ると自分の過去の書き込み通りにぜんぜん弾けない・・・・
というこれも音楽家ならではのことですが発生したのです。

実際にメントリを弾かなかった期間が10年ほどだったので、
昔の頃の体力も違うし、今の自分にはこの歌いまわしはしないなという箇所が多くて、改めて分析しながら一から曲を見直しています。

昔よりは音楽の幅が広がって柔軟性がアップしている意味だとプラスに変えて(笑)、なんとか前向きに練習しています。
予約も有難いことに、着々と増えてきていて
今回新たな千葉での会場で演奏もできるし
共演者もみんな個性豊かで楽しみです。

いいコンサートになりますように!

まだまだご予約受け付けております!!
詳しい情報は、ホームページにて掲載しております。ご興味ありましたらご覧ください!
https://unplugged-s563.jimdo.com/

まだまだ各地でひどい雨が続いているそうなので安全第一でなにとぞお過ごしください
スポンサーサイト






Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




 Home